篠原・吉仲研究室4年のK.S.です. 今回, 2019年5月6日(月)~5月9日(木)にかけてアメリカのニューオリーンズで開催された機械学習分野の国際会議ICLR(International Conference on Learning Representations)に参加してきました. この会議は機械学習分野の中でもトップクラスの国際会議で, 2012年から始まった比較的歴史の浅い会議ですが, 参加者数を凄まじい勢いで伸ばしています. 具体的には, 2013年時点での参加者数は100人前後だったそうですが, 毎年倍近いペースで増加し, 今年の参加者数は3000人を超えたそうです. 会議の対象分野としては機械学習系の国際会議の中では特定の分野にフォーカスしている部類で, 主要トピックは「生成モデル」「表現学習」「敵対的機械学習」「強化学習」などですが,機械学習の話であればそれ以外の様々なトピックの論文も投稿されています. 
 鈴木さん写真1.jpg
 会議は4日間かけて行われ, 全体の流れとしては, 大ホールで招待講演や口頭発表が行われつつ, その間にワークショップやポスター発表用の時間が用意されている, といった形でした. 今回の会議では, 初日にほぼ全てのワークショップが集められていました. ワークショップは10個ほど並列で開催されており, 会議本体と関連した特定のテーマにフォーカスしたセッションが各部屋で行われていました. 私は様々なテーマの話が聞きたかったので, 初日は招待講演や口頭発表を聞きつつ幾つかのワークショップを渡り歩いていました. 2日目以降も同様に興味のある招待講演や口頭発表を聞きつつ, ポスター発表を聞いて回っていました. 何本かは事前に読んだことがある論文の発表だったので, 論文に書いていなかった裏話など, 多少突っ込んだ議論ができて面白かったです. ポスター発表は発表者と参加者との議論の場という位置付けで, 皆積極的に質問しており, 活発な雰囲気でした. 会議の様子は録画されてライブ配信されており, 配信終了後はアーカイブされるので, 招待講演や口頭発表であれば聞き逃したものも後々動画で見ることができます. 誰でも見ることができるので, 興味のある方はhttps://www.facebook.com/pg/iclr.cc/videos/ からどうぞ. 

 会議の具体的な内容について少し話します(といっても, 特定の論文の紹介をしても仕方ないので, 全体的な傾向の話です). 初日のワークショップは様々な分野に渡っていましたが, 表現学習や強化学習に関するトピックを扱うワークショップが比較的多かった印象です. 機械学習技術を社会で活用する話や, 実用上の安全性の話など, 実社会での応用を考えたトピックのワークショップも開催されていました. 2日目は, 招待講演が敵対的機械学習の提案で有名なIan Goodfellow先生だったこともあり, GANs(Generative Adversarial Networks)の論文が集められていたように感じました. GANsは元々画像生成で有名だった手法ですが, 現在はそれに留まらずスタイル変換や音声合成, 後段のタスクにとって良い表現の学習など, 幅広い形で敵対的機械学習を利用する論文が多かったです. 3日目は比較的強化学習のセッションが多く, 自分が最も興味を持っているトピックなので, できるだけ様々なポスターを聞こうと動き回っていました.継続学習(Continual Learning, Lifelong Learning)に関する研究が意外と多く見受けられ, 今後も重要なテーマになっていきそうでした. 4日目は特にどの分野の論文が多いという傾向は感じず, 様々な話題の発表がありました. 私の研究室のメインテーマであるオートマトンに関係した論文も2本あり, 機械学習とオートマトンというテーマは情報科学の中では少し離れていると思っていましたが, 思わぬところで繋がりがあって興味深かったです. 全体の傾向として, 既存のアルゴリズムを数学的な保証を持って改善しようとする研究や, 最適輸送や双曲幾何学などの他の数学分野と結びつけた研究, 現在よく使用されているアーキテクチャの収束性やチューリング完全性の証明など, 必要とする数学や情報科学の前提知識が幅広くなっている傾向があり, きちんと基礎を勉強しておくことが今後ますます大切になっていくように感じました.
 会議会場には企業ブースも設置されており, スポンサーになっている企業のデモ等が設置されていました. 日本からは株式会社Preferred Networksのブースが出ていました. 企業ブースでは軽食とコーヒーが提供されており, 他のセッションの合間には休憩も兼ねて多くの人が集まっていました. Microsoftのブースには参加者が自分の大学名を書くスペースがありましたが, 数多くの大学からの学生がこの会議に参加していることが伺えます.
鈴木さん写真2.jpg 
 飛行機の遅延など様々なトラブルにも見舞われましたが, それも含めて良い経験だったと思っています. これまで知らなかった面白い研究にも数多く出会うことができ,次は(この会議に限らずですが)自分で論文を国際会議に投稿して参加したいと思いました. 学部生の段階で国際会議に参加できる機会は貴重なので, 現在, もしくはこれからStep-QIスクールへの参加を考えている人には, この制度を存分に活用することを勧めます.
 

 皆さん,こんにちは.電気工学コース,学部3年のY.M.です.
 私はアドバンス創造工学研修で約半年間,乾・鈴木研究室の皆さんにお世話になりながら,様々なことを学びました.
ここでは,普段の研究室での活動や,学会発表について紹介していこうと思います.
 私の場合は研究室での本格的な活動は後期からスタートしました.基本的に週1回,研究室にお邪魔して,TAの先輩とともに活動しました.はじめのうちは,この研究室の分野である自然言語処理でよく使われるプログラミング言語のpythonを用いて課題を解き,実践的なコードを書く練習をしました.解いていく中で何度もつまずきましたが,研究室の先輩方にそのエラーの画面を見せると,すぐに的確なアドバイスを返していただくので,本当に凄いなと思いました.「自分も先輩方のようにコードをかけるようになりたい!」という憧れの気持ちが良いモチベーションとなり,楽しく課題を解きました.
研修を始めた当初は,pythonは初めてで,かつ,研究に必要とされる専門知識はほぼない状態のため,こんな感じで果たしてついていけるものなのだろうか?と不安でしたが,TAのR.A.さんに基礎から非常に分かりやすく解説していただいたおかげで,理解していくことができました.
研究を進めていく中で,今度は学会の発表準備も始まりました.今回参加する学会,「言語処理学会第25回年次大会」ではポスター部門で応募したので,ポスター制作にも取り掛かりました.研究のポスター作りももちろん初めてで戸惑いましたが,配置やフォント,図にデザインと,ポスター作りに必要な知識も研究室の先輩方から教わり,今後の上でもとても勉強になりました.
学会は全4日間において名古屋大学にて行われ,私の発表は最終日の4日目だったので,初日から3日目は他の方々の研究発表を聴講しました.やはり学会の発表ということもあり,内容が難しいと感じるものばかりではありましたが,言語処理の分野は様々な分野で応用されていることを知り,この分野への興味が更に深まりました.
自分の発表は,学会最終日の午前中に行われました.学会での発表は今回が初めてだったため,研究成果を上手く伝えられるか心配でしたが,先輩方から頂いたアドバイスをもとに本番では楽しみながら発表することができました.拙い発表ではありましたが,丁寧に聞いて下さり,自分では思いつかなかった新たな提案やアドバイスを多く頂きました.これらは今後の研究の発展に大いに役立つのだと思います.学会での発表は,このように様々な人と意見交換をすることで,さらなる向上を目指していくものだということを,身をもって体験するいい機会となりました.また,今回の発表の際に先輩方から頂いたアドバイスは今後また,このような発表の機会があれば役立てていきたいと思います.

武藤さん写真1.png
図1:学会でのポスターセッションの様子

武藤さん写真2.jpg
図2:ポスターの前で記念撮影

学会では,発表以外にも懇親会や企業の展示ブースなどもあり,サイバーエージェントやリクルート,楽天などの企業の方々ともお話することが出来ました.直接企業の方とお話することで,現場でのお仕事についてなどを時折質問も交えながら詳しく聞くことで,色々と情報が得られました.正直,まだ自分の将来を具体的にどうするかは決めていなかったので,今回お話を伺うことで大まかな様子が分かったと共に,今後の進路を考える上で,良い参考になりました.学部2年のうちから企業の方たちのお話を直接伺うことができるということは,あまりない機会だと思うのでStep-QIに参加してよかったなぁ,としみじみ実感しました.
懇親会では,研究室の先輩に紹介していただいたおかげでGoogleの社員の方ともお話でき,非常に面白かったです.他にも様々な方との交流を通して,自分の視野がさらに広がったように思えました.
最後のクロージングでは,TAのR.A.さんをはじめとする研究室の方々のご指導のおかげで,最優秀ポスター賞をいただきました.この学会に参加することで,普段では得られないような貴重な体験をすることが出来ました.今回の学会で培った経験を忘れずに,自分の能力のさらなる向上を目指していきたいと思います.中でもプログラミングの技術をより向上させ,自らもっと研究に貢献していけるようになりたいです.そして,いつか研究室の先輩方のような立派な研究ができるようになることを目指して,一層努力していきたいと思います.
武藤さん写真3.jpg
図3:最優秀ポスター賞受賞

Step-QIに参加し,アドバンス創造工学研修で活動した時間は,自分にとって,とても有意義に感じられるものでした.Step-QIに参加しようか迷っている方は,是非とも参加してみたらいいのではないかと思います.

武藤さん写真4.jpg
図4:研究室での追いコンにて.
TAのR.A.さん,T.K.さん,一緒にStep-QIを受講したK.U.さんとの記念撮影

最後に,お世話になったTAの先輩方,乾・鈴木研究室の皆様,ご支援頂いたStep-QIの方々にはとても感謝しています.ありがとうございました.

東北大学 工学部 電気情報物理工学科
〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉 6-6-05 青葉山キャンパス

© 2014 Department of Information and Intelligent Systems, Tohoku University All Rights Reserved.
「Step-QIスクール」は、東北大学工学部 電気情報物理工学科が運営しています。